ディスコグラフィー

熱帯JAZZ楽団 -Nettai Tropical Jazz Big Band-

熱帯JAZZ楽団  Live In Yokohama Japan

発売:1997年(インディーズ盤)

再発:1998年(ビクター)

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団 Live In Yokohama Japan

試験放送の映像用ライブ音源をCD化

熱帯JAZZ楽団は元オルケスタ・デ・ラ・ルスのパーカッショニスト、カルロス菅野さんがプロデュースするラテン・ジャズ・ビッグ・バンドです。このファーストアルバムはハイヴィジョンの試験放送の映像用に、横浜のランドマーク・ホールでライブ・レコーディングをして、最初はアルバムを出そうという意図はまったくなかったんですが、音源を自由に使うことができたので97年にインディーズで出し、その翌年ビクターから再発されました。

熱帯JAZZ楽団Ⅱ~September~

発売:1998 年

ビクター

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団Ⅱ~September~

ライブ定番曲を数多く収録

このアルバムは映画でお馴染みの「Mission:Impossible」のテーマソングやアース・ウィンド&ファイアーの「September」、それからトロンボーンの中路英明さんのオリジナル「Obatala」といった、今でもよくライブでやるレパートリーが入っています。録音したのがすごく古いスタジオで、ビッグ・バンドの録り方の勘どころみたいなものが解ってなくて、何回も何回もテイクを重ねて、やっと仕上がったという記憶があります。

熱帯JAZZ楽団Ⅲ~My Favorite~

発売:1999年

ビクター

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団Ⅲ~My Favorite~

6月にアルバム、7月にライブが確立

ミュージカルでお馴染みの「My Favorite Things」が入っているアルバムです。このアルバムで早くも、「6月にアルバムを出して、7月にライブをやる」というパターンが確立されました。やっぱり「熱帯といえば夏」ですからね。バンドとしてのアンサンブルがかなりまとまってきたと感じられる作品で、ブレッカー・ブラザースの「Rocks」からシェリル・リンの「Got To Be Real」まで、幅広い曲を取り上げています。

熱帯JAZZ楽団Ⅳ~La Rumba~

発売:2000年

ビクター

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団Ⅳ~La Rumba~

Q・ジョーンズに捧げたメドレーを収録

2曲目にクインシー・ジョーンズに捧げたメドレーが入っています。「Dear Mr. Jones」というタイトルで、代表曲「Ironside」「Soul Bossa Nova」「Ai No Corrida」を演奏しています。それから、「ルパン三世」のテーマは、原曲とはかなり雰囲気が変わって、アフロなリズムになってます。面白いアレンジです。あとは、ギル・エヴァンスの「Eleven」という曲もやっていますが、すごく難しくて死にそうになった記憶があります(笑)。

熱帯JAZZ楽団Ⅴ~La Noche Tropical~

発売:2001年

ビクター

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団Ⅴ~La Noche Tropical~

誰でも知っている曲に捻りを効かせる

原題は、"熱帯の夜"という意味です。熱帯JAZZ楽団は誰でも知っている曲に捻りを効かせて、ラテンにアレンジして聴かせるというのがテーマになっていて、ここでは「11PMのテーマ」をやってます。それから「007のテーマ」も不思議なアレンジになっています。マイケル・ジャクソンの「今夜はドント・ストップ(Don't Stop 'Til You Get Enough)」は原曲の1.5倍くらいのテンポの、ちょっとブーガルーっぽいリズムでやっているのが面白いです。

熱帯JAZZ楽団Ⅵ~En Vivo~

発売:2002年

ビクター

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団Ⅵ~En Vivo~

"新ネタ"も入ったライブ盤。映像もあり

これは渋谷のAXで収録したライブ盤で、映像も出ています。熱帯JAZZ楽団としては初の映像作品で、それまでの定番曲が何曲も入っていて、"新ネタ"も何曲か入っています。熱帯JAZZ楽団のオーディエンスは年齢層がとても幅広く、年配の方もいらっしゃるし、吹奏楽をやっている中学生や高校生もたくさんいます。レパートリーが幅広いので、観ていても楽しいと思います。CDは2枚組で全11曲。ショッキング・ブルーの「Venus」やフィル・コリンズの「Sussudio」が新ネタです。

熱帯JAZZ楽団Ⅶ~Spain

発売:2003年

ビクター

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団Ⅶ~Spain~

タイトルソングはC・コリアの名曲

ここではチック・コリアの「Spain」をやっています。比較的原曲に近いながらも、誰でも知っているあのキメどころに捻りが加えられた、面白いアレンジです。あとは、ウエザー・リポート「Birdland」も熱帯流に料理し、ディジー・ガレスピーの「A Night In Tunisia」ではコーラス・グループのニューヨーク・ヴォイセスをフィーチャーしています。それから、フライド・プライドのShihoさんも1曲歌ってくれました。

熱帯JAZZ楽団Ⅷ~The Covers~

発売:2004年

ビクター

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団Ⅷ~The Covers~

新宿のキャバレーで熱帯唯一のPVを撮影

今まで出した曲の中から人気の高いカバー曲をピックアップして、それをリミックスしたコンピレーションです。ここにも『熱帯JAZZ楽団Ⅳ ~La Rumba~』でやったクインシー・ジョーンズのメドレーが再収録されているんですが、新宿にある昔ながらのグランド・キャバレーを昼間借り切って、その曲のプロモ・ビデオを録りました。熱帯唯一のプロモ・ビデオ作品。CDエキストラだったら、一緒に収録できたんですけれどね……。

熱帯JAZZ楽団Ⅸ~Mas Tropical~

発売:2005年

ビクター

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団Ⅸ~Mas Tropical~

渡辺貞夫さんをゲストにお招き

タイトルは、もっとトロピカルという意味だと思います。このアルバムでは渡辺貞夫さんをゲストにお招きして貞夫さんの代表曲「Orange Express」をやりました。貞夫さんとは以前にも、Sadao Watanabe with Casiopeaとしてコカ・コーラのCMで共演しています。それから「コーヒー・ルンバ(Moliendo Cafe)」も入ってますが、そこではスリー・ディグリーズのパロディーの3人組コーラスグループ、スリービックリーズをフィーチャーしています。

熱帯JAZZ楽団Ⅹ~Swing con Clave~

発売:2006年

ビクター

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団Ⅹ~Swing con Clave~

クラーベの心を持ってスウィング

原題の"con"というイタリア語は、英語でいう"with"で、アフロ・キューバン・リズムの幹となる「クラーベの心を持ってスウィングする」といった意味が込められています。「Four Brothers」や「Night And Day」「Moonlight Serenade」といったスウィング時代の定番曲を取り上げ、そこに熱帯流のアフロ・キューバンな味付けがなされています。また、3曲目には「Snakeman's Shuffle」という僕のオリジナル曲も入っています。

熱帯JAZZ楽団XI~Let's Groove~

発売:2007年

ビクター

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団XI~Let's Groove~

オリオン・ビールCMソングも収録

アース・ウィンド&ファイアーの「Let's Groove」をチャチャチャのリズムで演奏しています。ロビー・ネヴィルの「C'est La Vie」、スタンダードの「Fly Me To The Moon」など幅広い選曲で、最後にボーナス・トラックとして、ディアマンティスのアルベルト城間さんが歌う「Cervesa」という曲が入っています。これは沖縄のオリオン・ビールのコマーシャル曲で、沖縄でしか使われなかったのですが、とても素晴らしい曲です。

熱帯JAZZ楽団XII~The Originals~

発売:2008年

ビクター

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団XII~The Originals~

熱帯メンバーのオリジナル曲集

これまで出した熱帯のCDの中からメンバーのオリジナルだけをピックアップしてリミックスしたアルバムです。僕の「Snakeman's Shuffle」も収録されていますが、この曲はもともとジンサクの『Wind Loves Us』に入っていたもので、ビッグ・バンド的な曲をやりたいと思って書いた曲なんです。森村献さんにもそういうアレンジをしていただいたので、その後、「熱帯JAZZ楽団でもやってもらえませんか」って譜面を持っていき、レパートリーになりました。

熱帯JAZZ楽団XIII~Fantasy~

発売:2009 年

ビクター

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団XIII~Fantasy~

このアルバムからドラマー2人体制に

ここではアース・ウィンド&ファイアーの「Fantasy」をカバーしています。思いっきりラテンになっています。それから「S.W.A.T.のテーマ」。ベンチャーズの「Walk Don't Run」は7拍子のすごく変なアレンジになっています。この作品からドラマーがダブル・キャストになっています。僕があまりにも欠席が多いので(笑)、半分は平川象士くんという若いドラマーがプレイしています。彼も非常に素晴らしいミュージシャンです。

熱帯JAZZ楽団XⅣ~Liberty~

発売:2010年

ソニー

熱帯JAZZ楽団

熱帯JAZZ楽団XⅣ~Liberty~

定番曲になりそうな「オゲンキデ☆スカ」

熱帯JAZZ楽団の結成は95年なので、このアルバムで15周年を迎え、心機一転、レコード会社もソニーに移籍しています。このアルバムも僕と平川くんのダブル・キャストで、僕は4曲叩いています。そのうちの1曲「オゲンキデ☆スカ」は歌詞も付いた僕の曲で、もちろんリズムはスカです(笑)。この間のツアーではアンコール曲として皆で歌って、とてもいい感じの盛り上がりでした。定番曲になりそうな予感ひしひし、です(笑)。

熱帯倶楽部

熱帯倶楽部~Spirit Of Rhythm~

発売:2001年

ビクター

熱帯倶楽部

熱帯倶楽部~Spirit Of Rhythm~

熱帯JAZZ楽団から派生。ギターで野呂さんも参加

熱帯倶楽部は熱帯JAZZ楽団から派生した、もう少し小編成のグループです。森村献さんがミュージカル・ディレクターを務め、カルロス菅野さん、ティンバレスの美座良彦くん、サックスの藤陵雅裕さんの熱帯JAZZ楽団組に加えてベースがコモグチキイチロウくん、ボーカルがチャカさん、そしてギターで野呂一生さんが参加しています。ラテンという枠を少し越えて、よりフュージョンっぽい要素を取り入れたサウンドになっています。

DOUBLE EDGE

発売:2003年

ビクター

熱帯倶楽部

DOUBLE EDGE

「Von Voyage」はウエディングソング

ギターが梶原順さんに替わっていますが、それ以外は前作と同じメンバーで制作した2作目です。ドゥービー・ブラザーズやアイズレー・ブラザーズ、マット・ビアンコ他の曲をカバーし、「Von Voyage」という僕のオリジナル曲も入っています。この曲は日本マクドナルドの原田さんが谷村有美さんとご結婚される時に、披露宴で演奏するために書いた曲で、おふたりの門出を祝うという意味で、このタイトルを付けました。

  • スケジュール~ツアーの最新情報はこちらから
  • youtube
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • メッセージフォーム~メッセージ、お問い合わせはこちらから
  • ドラムセット・機材一式~神保彰のセッティングがすべてわかる!!
  • ダイアリー~神保彰のつれづれほのぼの日記

PAGETOP